会社案内

会社概要

社名:
有限会社 廣島ボイラー工業
住所:
〒733-0833
広島市西区商工センター          八丁目7番13号【MAP
創業:
昭和26年4月
代表者:
野口琢史
従業員数:
10名
資格:
広島労働基準局ボイラー圧力容器製造認可工場
建設業・県知事登録
(トビ土工工事/管工事/機械器具設置)
業種:
熱交換機・第一種圧力容器・第二種圧力容器・その他容器の設計製造/現地据付配管工事

沿革

労働基準局 ボイラー・圧力容器の溶接製造認可・許可

昭和34年04月
ボイラー・圧力容器の製造認可を受ける。
昭和43年03月
第1種圧力容器の溶接製造認可を受ける。
昭和45年10月
横置煙管ボイラーの溶接製造認可を受ける。
昭和46年02月
立てボイラー溶接製造認可を受ける。
昭和46年04月
温水ボイラー溶接製造認可を受ける。
昭和48年09月
第1種圧力容器ステンレス溶接製造許可を受ける。
昭和50年04月
サブマージドアーク溶接による製造許可を受ける。
昭和53年11月
クラッド鋼による第1種圧力容器の溶接製造許可を受ける。
昭和53年11月
ステンレスの全自動溶接による製造許可を受ける。
昭和57年06月
一般建設業の県知事許可を受ける。
とび、土工工事業、管工事業、機械器具設置工事業
広島県知事 許可(般-14)第16262号
昭和57年09月
SUS-444多管第1種圧力容器の製造許可を受ける。
昭和57年11月
SUS-444円筒型第1種圧力容器の製造許可を受ける。
平成20年11月
社屋移転(中区羽衣町→西区商工センター)
平成27年06月
野口琢史が取締役社長に就任